さらなる高額買取を実現できる切手の種類とは?

プレミア付きの切手は高価買取り

切手を買取りして貰うと、切手の額面よりも低い金額で売る事になると言ったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
82円の切手を封筒に貼れば郵便料金として利用する事が出来ても、買取りに出した場合には額面の半額や半額以下と言うケースもあります。
これは比較的新しい切手の場合であり、1960年以前に発行された切手の多くが額面以上の金額で取引が行われています。
1960年代と言うのは切手ブームが起きた時代で、この時代の切手は市場に大量の切手が現存していると言います。
しかし、ブームが起きる前に切手の中には、事変により焼失してしまった切手も多くあるため、プレミアがついている記念切手が数多く存在しているのです。

切手を高く売る方法について

切手を高く売りたいと言う人は殆どだと思われますが、買取り価格はお店により異なるため、過去の買取り実績などを比較して買取り店を選ぶ事が大切です。
切手の中には希少価値を持つものが多くあるため、こうした切手を売れば高価買取りが可能になるわけですが、希少価値を持つかどうかの判断基準としてお勧めとなるのが発行枚数や発行年度です。
1960年代以前の切手は高く売る事が出来る切手が多くありますが、その中でも発行枚数が少ないものは市場の中でも現存数自体が少ないので高く売る事が出来ますし、普通切手の中には発行期間が短いものもあり、こうした切手は希少性が高くなっています。
中には発行開始から1年ほどで発行中止になったものもあり、このような切手はプレミアが付いています。